川崎協同こどもクリニックは、
子どもの健康と成長を見守り、安心・安全な日常医療活動を行っています。

川崎協同こどもクリニック
 
クリニックの紹介
診察のご案内
こどもクリニックニュース
季節の疾患情報
お問合わせ
アクセス
HOME
診察のご案内
診療時間 乳児健診 予防接種 クリニックで受けられる予防接種 予防接種を受けた後の注意
■外来診療(予約の必要はありません)

 

午前

午後

×

夜間

×

×

×

×

  【受付時間】
午前 8:30〜12:00
午後 12:00〜4:30
(但し、金曜は3:00〜4:30)
夜間 4:30〜7:00
【診察開始時間】
 午前 9:00〜
 午後 2:00〜  ※金曜日のみ3:30〜(予防接種専門時間)
 夜間 5:00〜
  
≪お知らせ≫
金曜日の午後の診察は予防接種専門の時間帯です。
一般診察は行いません。受付予防接種を受けられるお子様が、一般外来を受診する患者様からカゼなどに感染する可能性が低くなります。予防接種をご希望のかたは、この時間帯での接種をお勧めします。(緊急の場合には診察いたしますので、電話にてご相談ください)
日曜祝日(9:00〜5:00)・木曜(夜7:00〜)は川崎協同病院で小児科医師が待機しています。
救急で受診されるとき、また小児科以外の科に受診を希望される場合は
川崎協同病院(044−299−4781)へご相談下さい。
■その他、時間外・救急対応のお問合せ先
 
 

川崎市南部小児急病センター(川崎市立病院内) 
Tel 044-233-5521   川崎区新川通り12-1

川崎市北部小児急病センター(多摩休日夜間急患診療所内)
Tel 044-933-1120   多摩区登戸1775-1

川崎市救急医療情報センター
オペレーターによる医療機関の案内
Tel 044-222-1919

 
 
■専門診療(予約が必要です。まずは外来で受診して下さい)

 

午前

           

午後

脳波・神経
喘息
アレルギー
喘息
アレルギー
高村医師
神経・発達

林医師
循環器
( 第2 )
石井医師
   

夜間

           
 
診療時間
乳幼児健診は、病気の早期発見、早期医療のためばかりではなく、将来の病気を未然に防いで、
より健康に育てるための最新のアドバイスを受けるチャンスです。
当クリニックでは7・10ヶ月児健診時に栄養士による栄養指導を行なっています。
 
 

1ヶ月児健診・・・・・・毎週水曜日  午前9:30〜11:00
7・10ヶ月児健診・・・毎週木曜日  午後2:00〜3:30
4・5歳児健診・・・・・毎週水曜日(第3週は除く)午後2:00〜3:30 

 
 
乳幼児健診は予約制となっています。
予約はTel044−299−1281または、お問合せ・乳幼児健診予約にてお願い致します。
※メールでの予約は1週間前までとさせて頂きます。

≪お知らせ≫
4・5歳児健診は第3週を除く水曜日とさせていただきます。
メールフォームへ
 
■料金表
  川崎市の制度で
無料で受けられる健診期間
有料料金(税込み)
1ヶ月児健診 なし 2,100円
7・10ヶ月児健診 7・10ヶ月の前後2週間以内 2,100円
4・5歳児健診 誕生日後2ヶ月以内 2,100円
※母子手帳をお持ち下さい。
診療時間
生後6ヶ月を過ぎると、子どもは病気にかかりやすくなります。
またかかると重症になることがあります。病気にかからないように守る役目が予防接種です。
  受付時間 接種開始時間
午前 8:30〜12:00 9:00〜
午後 12:00〜4:00
--------------------------------------
【但し金曜日は3:00〜4:30】
2:00〜
-------------
【3:30〜】
夜間(火・木のみ) 4:30〜6:00 5:00〜
※午後・夜間の受付終了は診察受付終了時間と異なりますのでご注意ください
※37.5℃以上の発熱がある場合は予防接種を受けることが出来ません。
※母子手帳をお持ち下さい。
※土曜日は午前のみとなります。
診療時間
■予防接種の期間と回数
種類 回数 ワクチン
のタイプ
お勧めの接種時期 無料 (公費)で
受けられる期間

DPT
(3種混合)
※2期はDT
(2種混合)

5回 不活化
ワクチン

1期初回 (3回)
 生後3〜12ヶ月までに

2回目は1回目から3〜8週間あけて
3回目は2回目から3〜8週間あけて

1期追加
3回目から12〜18ヶ月あけて
2期   12歳

1期:3ヵ月〜7歳6か月未満

2期:11歳〜13歳未満

麻疹・風疹
(MR)
2回 生ワクチン

接種期間が短いため早めに受けましょう

1期:1歳〜2歳未満
2期:小学校入学前1年間
日本脳炎 5回 不活性化
ワクチン
1期初回 (2回) 3歳
2回目は1回目から1〜4週間あけて
1期追加 2回目の約1年後
2期 9歳
1期:6ヶ月〜7歳6ヶ月未満
2期:9歳〜13歳未満

※日本脳炎ワクチン接種は現在一時中止となっています。安全性の高いワクチンの供給ができ次第、接種再開になる予定です。
無料予防接種 (川崎市公費負担)
・DTP(3種混合)
・麻疹・風疹(MR)
・風疹 (三日はしか)
・日本脳炎 
有料予防接種(税込み)

・おたふく      (5,985円) 
・水ぼうそう     (7,770円) 
・麻疹・風疹(MR) (9,713円)<公費期間外>
・B型肝炎       (9,030円)
・BCG         (3,150円) <公費期間外>
・インフルエンザ(1回分) 小児(3,100円) 
            大人(4,200円)
 インフルエンザは小児は2回接種が必要です。
※川崎協同医療生協の組合員は2割引となります。

※公費で受けられる期間が過ぎた場合に当クリニックで有料での接種も可能です。
※予防接種を受けた後、別種類の予防接種を受ける場合は、次の期間をあけなければなりません。
 
  ・生ワクチン   ⇒4週間以上
・不活化ワクチン ⇒1週間以上
 
 
■病気になった後の予防接種
病気になった後に予防接種を受ける場合は、下記の期間をあけて下さい。
しかし、お子さんの状態によって、この期間は異なりますので、必ず医師にご相談下さい。
かかった病気 予防接種を受けられるまで(目安)
麻しん (はしか) 治ってから4週間程度
風しん・水痘・おたふくかぜ 等

治ってから2〜4週間程度
(できれば3週間以上)

突発性発疹・手足口病
伝染性紅斑・インフルエンザ 等

治ってから1〜2週間程度
(できれば2週間以上)

診療時間
一般的な注意
  1. 予防接種による重篤な副作用は、接種後30分以内におきることが多いので、この間はクリニックにすぐに戻れる範囲にいて下さい。※当クリニックでは副作用に対する救急対策備品をそろえています。
  2. 接種後1時間以上経過すれば、入浴は差支えありません。
  3. 激しい運動は、接種当日は避けて下さい。

1.BCG

  • 接種後2〜3週間で、針のあとが赤く膨らみ1か月ぐらいでうみをもつようになります。その後、かさぶたになり、かさぶたが取れるときれいになります。絆創膏はしないで下さい。
  • 熱が出るなどの副反応はありませんが、まれにわきの下のリンパ節が腫れることがあります。ほとんどが2〜3ヶ月で消えますが、大きくなるようなら主治医に相談して下さい。

※生後6ヶ月までに保険所で接種して下さい
※他の予防接種は、4週間たてば接種できます。

2.DPT(三種混合)

  • 接種した日に発熱することがありますが、1〜2日で下がります。
  • 20〜50%で接種後2〜3日または1週間ごろに、注射部位が赤くなったり、腫れることがありますが2〜3日で消えます。
  • まれに腕全体が腫れることもありますが、腫れがひどく、かゆみや痛みが強い場合は冷やして下さい。それでも良くならないときには主治医に相談して下さい。
  • 注射部位にしこりが残ることがありますが、1〜2か月で消えます。

※次のDPT接種(第1期の2回目、3回目)は3〜8週間後に受けて下さい。

※他の予防接種は、1週間たてば接種できます。

3.麻しん(はしか)

  • 95%以上の人が免疫を得ることができます。
  • 注射部位が赤くなったり、痛んだり、少し熱をもつことがありますが、いずれも2〜3日で消えます。
  • 接種後1週間ごろから約20%の人に38.0℃前後の熱が出ることがありますが、熱のわりに元気で2〜3日するとさがります。
  • 発熱した人には発疹がパラパラと出ることがありますが、2〜3日で消えます。
  • 熱性けいれんをおこしたことがある人は、熱を測り、発熱したらジアゼパム坐薬(痙攣予防薬)を使うなど、主治医からの指示に従いましょう。

※他の予防接種は、4週間たてば接種できます。

4.風しん(三日はしか)

  • 95%以上の人が免疫を得ることができます。
  • 熱が出たり、発疹がみられるなどの副反応はありません。
  • 成人女性は接種後2か月間は避妊して下さい。

※他の予防接種は、4週間たてば接種できます。

5.日本脳炎

  • いつも通りの生活をしましょう。入浴もOKです。
  • ときには注射部位が赤く腫れたり、発熱や頭が痛くなることがありますが、2〜3日で消えます。
  • 初回接種した方は、1〜4週間後に2回目、さらに1年後に3回目を接種しましょう。

※他の予防接種は、1週間たてば接種できます。

6.おたふく(1歳過ぎから接種できます。有料)

  • 熱などの副反応はありませんが、2〜3%の人に接種後2〜3週ごろに耳の下が軽く腫れることもあります。1〜2日で腫れは消えます。
  • ときには接種したにもかかわらず、おたふくかぜにかかる人がいますが、多くは軽くすみます。
  • その後、小学校4年次に小児科で接種します。

※他の予防接種は、4週間たてば接種できます。

7.水ぼうそう(1歳過ぎから接種できます。有料)

  • 熱などの副反応はありません。
  • 水ぼうそうの人と接触してから72時間以内にこの予防接種を受ければ、たいてい発病せずにすみます。
  • ときには接種したにもかかわらず、おたふくかぜにかかる人がいますが、多くは軽くすみます。

※他の予防接種は、4週間たてば接種できます。

8.B型肝炎

  • 熱などの副反応はありませんが、ワクチンを接種したところが赤く腫れることがまれにあります。

※母親がHB抗原(+)の場合決められた時期に必ず受けさせて下さい。
※他の予防接種は、4週間たてば接種できます。

9.インフルエンザ

  • 12歳未満の方は1〜4週あけて、2回接種します。

※インフルエンザ流行時期前に接種します。
※他の予防接種は、1週間たてば接種できます。